家庭教師の種類 専門職とアルバイトの違い

家庭教師の種類 専門職とアルバイトの違い

家庭教師は、アルバイトでやっている家庭教師と専業の家庭教師に大別することができます。 アルバイトの家庭教師には大学生も多く、その契約過程も、大学の学生課を通じてだったり、親戚や知り合いからの紹介だったりします。 一方専業の家庭教師は広告やチラシによったり、家庭教師センターなどを通じて契約を行います。

両者のメリットはどのようなものでしょうか。 大学生のアルバイトによる家庭教師のメリットとしては、親しみやすさが挙げられます。教育において、生徒を指導する上で重要なのは、 教師と生徒との間の信頼関係を築くという点です。特に子どもはいきなり見知らぬ大人に指導してもらっても、緊張するばかりでなかなか勉強に集中できないかもしれません。 その点、年の近い大学生や、近所の顔見知りのお兄さんお姉さんの場合であれば、比較的打ち解けやすいため、信頼関係を築きやすいと考えられます。

一方、専業の家庭教師のメリットは、その教育知識と技術にあります。専業の家庭教師には、 教師としての専門の教育を受け、教員免許を持っている場合も少なくありません。このため高いレベルの指導を受けることが期待できます。 したがって、家庭教師をつける場合にも、その目的に応じて両者を選び分けることが必要です。もし指導を受ける子どもがまだ小さく、 とにかく勉強する習慣をつけることを目的としているのであれば、 親しみやすいアルバイトを選び、大学受験などより高度な学習をしたい場合には、専業の教師を選ぶことが望ましいと考えられます。